カードローンの即日審査情報!即日で審査・発行・融資OK!

カードローンおすすめランキング!即日審査・融資が可能なキャッシングなら!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

プロミスCM
すぐにお金が必要な方!今日中にお金がいる方はやっぱりこのプロミスをおすすめします!

プロミスは平日14時までにWEB契約が完了すれば当日の融資も可能です!審査はもちろん24時間OK!PC・携帯・スマホからのWeb申込でスピーディーな審査!契約OKならばそのまますぐにキャッシング・振込OK!
※もちろん残念ながら審査結果によっては契約できないこともあります。

三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですので安心して利用できます。また学生・パート・アルバイトの方でも審査の上、利用OK。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば30日無利息サービス!銀行の引き出し手数料よりも安く利用できます!

プロミスでは女性が申込しやすいレディースキャッシングも実施中!女性ならではのお金の悩みにも親身になって相談を受けてくれます!即日審査・即日融資のキャッシングサービスを申し込むならまずはこのプロミスですね!

プロミスでは女性が申込しやすいレディースキャッシングも実施中!

融資可能額 即日融資度 実質年率
1〜500万円 評価5 4.5%〜17.8%※サイト更新時
みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン金利が安いことでも有名なカードローンです!担保・保証人不要でもちろん年会費などもありません。銀行カードローンのおすすめとしてぜひ欲しいカードローンですね!

最大ご利用限度額はなんと10万円〜1,000万円!使用用途も原則自由。審査は最短即日・融資は最短即日借り入れ可能となっていますのでいざという時にとっても頼りになるカードローンです!
※もちろん契約審査に通らない場合もありますのでそのときはあきらめましょう。

無職の方はダメですが、主婦の場合はパートやアルバイトなどをしているか、配偶者に収入がある場合には申込出来ます!この場合はご利用限度額が30万円となりますがそれでもとっても助かりますね!

みずほ銀行カードローンはお金にいざ困ったときに頼りになる1枚なのは間違いないですね!

融資可能額 即日融資度 実質年率
10万円〜1,000万円 評価5 年4.0%〜14.0%

カードローンと消費者金融の細かな線引きについて

 

近年急な出費のとき等に一般の人でも気軽に利用出来るキャッシングサービスとして、すっかり御馴染みになったカードローンですが、ここではその消費者金融とは何かということについて、改めて考えてみたいと思います。カードローンとは簡単に言いいますと、金融のサービスを提供する会社のことです。キャッシングの他に、車や住宅ローン、おまとめローン等のサービスを提供しています。とは言うものの、これらのサービスは銀行や信販系の会社でもしているので、従来の線引きでは明確な区別はつきにくくなっているのが実情です。しかし消費者金融といわれるキャッシング業者だけは、年収の3分の1以上は借りられない総量規制のシステムが新たに設けられたので、そこで区別することは可能です。

 

消費者金融に関しては高い金利や過酷な取立等が以前大きな社会問題になったことから、貸金業法が改定され、金利の引き下げや業者が違法な行為を行った場合の罰則等が規定し直されました。この法律は詳しく説明を始めると長くなってしまいますので、金融庁の公式HPで「貸金業法」で検索して御確認ください。

 

次にカードローンの基本原理についてお話したいと思います。カードローンが融資するお金とは、基本的に消費者の家計部門で主に車・家電・ピアノ・家具等の耐久消費財の他、旅行や教育等のサービスの購入のために融資される資金のことです。日本では、金融機関の家計部門に於ける住宅金融とあわせてカードローンやキャッシング、消費者金融などと呼んでいます。これは企業へ資金融資をする企業金融と区別するために考え出された言葉なのです。企業と消費者は対になる言葉であり、消費者は企業の提供する製品やサービスを享受する立場にあるからです。

 

従って企業の働きかけに対し、消費者の家計に於ける所得だけではお金が間に合わないときに必要とされてくるのが、カードローンや消費者金融の提供する資金ということになります。企業金融では資金は利潤を得るための資金として活用されますが、消費者金融では消費財やサービスの購入が目的になるので、元金と利子は消費者の将来の所得から支払うのが原則です。キャッシングというのは事業的には、銀行又はノンバンクの貸金業者が個人を対象に行う融資であって、多くは無担保の小口の融資であり金利は高めのことが多くなります。このカテゴリーには信販系の会社によるキャッシングや割賦販売も含まれます。消費者金融は事業所の一形態ありながら、事業内容は銀行や信販系の会社とクロスオーバーしているのが大きな特徴と言えます。

 

あまり聞かない言い方ですが、消費者金融によるキャッシングは消費者ローン或いはサラリーマン金融とも言われます。銀行のローン等と違い借り手の信用のみで貸すため、消費者信用という言い方も存在します。企業が消費者金融として事業を行うためには、総理大臣や都道府県の知事の認可を必要とし、財務局や都道府県へ登録するのが義務となっています。登録しないと違法な存在として扱われてしまうからです。今の消費者金融はどこの傘下でもなく事業提携もしていない消費者金融もありますが、クレカ系・IT系・外資系・銀行系など多岐に渡っています。テレビCMで御馴染みのアコムやモビット・プロミス等は銀行系にあたります。キャッシングという事業として語るときには、銀行やクレジット会社・信販会社の行っているキャッシング事業と合わせて、総称して語られることもあります。一般消費者対象のキャッシングであれば、消費者金融と呼ばれることもあるということです。

 

カードローンの利用について

 

テレビCMが頻繁に流れるようになって、誰にでも身近になったカードローンは、本当に私たちにとって利用しやすくなっているのでしょうか。ここでは利用価値ということを中心に、カードローンというものについて考えていきたいと思います。平成22年度に貸金業法が改正になって以降、消費者金融などのカードローン・キャッシングの利用に際しては上限金利が下がり、取立行為等にも厳しい規制が出来たため、消費者金融は理屈としては、以前より利用しやすくなっていると言えます。年収の3分の1以上は借りられない総量規制はあるものの、銀行や信販会社よりは審査がスピーディーで、早めに無担保・無保証で融資が受けられるというには大きな魅力です。急な出費のとき等に利用を限って、計画的に利用している限りに於いては非常に便利な存在と言えます。

 

カードローンを始めて利用してみるとわかると思いますが、最初は殆どの場合、その業者の上限金利=1番高い金利が設定されるものです。しかし何回も利用し尚且つ真面目に返していけば、その金利は徐々に下がっていくと言われています。最初に1番低い金利が設定されることはまずありません。闇金と呼ばれる違法営業の業者が、最初は異常に低い金利を言って勧誘しようとするのは、このことと関連があるのかもしれません。しかし、通常のカードローンのこのシステムは極めて利に適ったものなので、最初はちょっと高いと感じたとしても、利用していく内にその違和感はなくなっていくはずです。

 

但し金利は借入額が高いほど低くなるものなので、例えば初めての利用でも百万円以上の融資を申し込めば低い金利で借りることは出来ます。限度額を百万円設定にしても低くなります。しかし、個人の利用では大口の申込をすることは殆どなく、小口の少額の融資の利用が多いので、概ね金利は高く設定されます。先程の利用実績に応じて金利が下がっていく話は、貸金業法の改正後に可能になったものですが、応じてくれるのは主に大手のカードローンに限られ、中小以下の規模の業者では、必ずしも応じてくれるとは限りませんので十分注意してください。

 

改正後の貸金業法では、多重債務を生みやすい過剰融資を防止するために、年収の3分の1以上は借りられない総量規制が導入されたのですが、それで業者の融資実績が減ったということはなく、実は1業者毎の貸出平均残高は上がってきている傾向があるそうです。何故かと言うと、利用頻度の高い優良顧客には総量規制の枠ギリギリの借入限度額を設定して、他社では借りにくくなるように仕向けているからなのです。それ以上借りようとすると正規のルートでは借りられなくなるので、そこに危うさはあるものの、多重債務はもちろん、不良債権化の防止に一定の効果をあげているのは確かです。

 

近年の消費者金融の審査はスピーディーになってはいますが、利用者の他社からの借入履歴が記録されている指定信用情報機関を利用した、より厳格なものになり各業者に義務化されています。とは言え消費者金融を初めて利用するなら、CMが流れているような、アコム・モビット・プロミス等大手の消費者金融を利用した方が無難ではあると思います。また業者によっては初回申込時や借りている期間によっては、無利息のサービスを行っているところや入金・出金の手数料が無料になっているところもあります。その他の中小以下の規模の業者を選ぶときには、金融庁の公式HPの検索サービスを利用して安全性を確認するようにしましょう。大手ならば、小口の融資を申し込んだ場合は即日融資も可能ですし、複数の借金をまとめる「おまとめローン」のサービスも行っています。このサービスを利用すれば月々の返済負担が減り、返済が楽になるので、その意味でも大手の利用にはメリットが多いと言えます。