銀行カードローンの即日情報!即日で審査・発行・融資OK!

銀行カードローンとそれ以外のキャッシングの審査について

カードローンは主に銀行と消費者金融から提供されているサービスですが、消費者金融には年収の3分の1以上は借りられない総量規制があるが銀行には無い、銀行の方が若干金利が安いが審査はやや厳しい等の違いはあります。しかし審査をする上で主に、年齢や年収・他社での借入履歴を中心に判断されるという点では共通しています。カードローンに申し込む前には、まず身分証明書として、免許証・健康保険証・パスポート・外国人でしたらその登録証等を必ず用意しなければなりません。また約50万以上の多額の融資を申し込む場合は、収入証明書も必要です。職業によって多少違いはありますが、源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細2ヶ月分等が用意出来ればOKです。いずれも手元に用意するのはコピーで構いません。

 

以上の書類の用意の他、申込をして審査を受ける前に、融資や返済のための振込用の銀行口座の控えか、もしなければ口座を開設しておくことが大切です。審査の仕方は金融機関や業者によって違いますが、簡単な事前審査の後で申込書類を郵送する方法か、ネット等のオンラインで申し込む場合はメール添付(書類の内容を写メかデジカメで撮ったものか、スマホならアプリの使用によるものも可)で送信する方法があります。早く融資して欲しい場合は、ネットからメールで送信する方法が良いでしょう。とは言え、ネットを使ってのやり取りも回数や時間はある程度かかるものなので、出来れば、午前中の金融機関や業者の営業時間開始と同時位に申し込むと良いでしょう。

 

申込をする際には当然のことですが、決して虚偽の申告はしないでください。こんなことを言うのは困ったことに、実際に虚偽の申告をする人がいるからなのです。銀行や業者は申込者の情報を信用情報機関に照会して真偽の程を確認するので、例え虚偽の申告をしても、すぐわかるようになっています。どこに申し込んでも、これは同じ条件です。また他社での借入は2、3社までで、履歴に問題がなければ消費者金融は許容してくれますが、少なければ少ないほど出来れば1社もないのが理想です。それ以上の件数の借入がありますと、多重債務や返済能力、或いはモラルそのものを問われかねません。借入があっても全て精算し、解約しておくのがベストです。