カードローンの即日審査情報!即日で審査・発行・融資OK!

カードローンの審査について

 

カードローンを利用しようとすると必ず審査を受けることになりますが、これに通らなければ融資を受けることは出来ません。そこでここではその審査の主な基準は何か、どのように行われているのかについてお話していきたいと思います。審査で業者側に伝えなければならないことは、氏名・住所・連絡先・勤務先・勤続年数・年収等色々ありますが、それらとは別に審査の上で特に重要な基準は3つあります。

 

1つ目は借入限度額の設定が総量規制の範囲内であるか、即ち年収の3分の1の範囲内であるかということです。もし範囲を超えていたら審査には通りません。2つ目は3ヶ月以内に他社の審査に落ちていないかということです。もしまたすぐ受けたことがあるとなると、見識を疑われることになります。3つ目は他社からの借入やクレカの利用を既に行っている場合、返済の遅れや滞納がないかということです。2つ目の項目と合わせて、これに該当してしまうと返済能力に欠けると見なされ、審査には非常に不利となります。

 

この3つをパスすれば、アルバイトやパートでも、最低3ヶ月以上勤めていて収入が安定していれば、まず問題なく審査はパスするであろうと言われています。総量規制は貸金業法の改正で規定されてから既に4年程経っているにも関わらず、年収の3分の1以上借りようとする人が多いため、本人のモラルの問題とは言え、審査の上では高い壁となっているのです。過去に借り入れたことがある場合、それは指定信用情報機関にデータとして記録されており、それは全ての消費者金融の業者によって共有されています。ですから、審査に落ちてもそのデータは記録されてしまうわけで、尚更審査に落ちた後続けて申し込むのは不利ということになるのです。どうしてもお金が必要な場合でも最低1ヵ月、出来れば3ヶ月は空けて申し込むと良いでしょう。

 

カードローンの審査は客観的なデータだけで判断されると思われがちですが、業者側も人間ですから、やはり申込者の人柄も見ています。特に借りる理由について出来るだけ正直に話すというだけでも、だいぶ印象は違います。過去に過酷な取立をしたこともあることから、怖いイメージで見られがちなカードローンですが、大手なら対応は紳士的ですし、女性には女性専用窓口もあって女性スタッフが対応してくれますから、決して怖いことはありません。もし店に行かずに済ましたいときでも、ネットや無人契約機で申し込むことも出来ますから、抵抗感は思ったほどないはずです。

 

先程もお話したように、正社員以外のアルバイトやパートでも、毎日ほぼフルに働いていて安定した収入があり、最低でも3ヶ月位勤務していれば大体審査には通ります。他社からの借入はないに越したことはありませんが、あっても2〜3社までで問題を起こしておらず、総量規制の範囲内であればOKです。連絡先としては自宅に固定電話があった方が有利ですが、独身ならばこの限りではありません。そして収入のない専業主婦は、特に明記がない限りは審査を受けてもまず通らないでしょう。また同時に複数の業者に融資を申し込むと、申込ブラックと見なされ、それだけで審査には不利になりますから止めてください。原則として使途は自由ですが、実際には聞かれることが多いですから、ギャンブルや遊興費、他社への返済のため等の不健全な理由ですと、審査には通りにくいです。やはり、基本的に急な出費でどうしても必要という場合の方が審査は通りやすいと思われます。