専業主婦におすすめの即日カードローンなら!

専業主婦でもOK!?専業主婦のキャッシングについて

 

キャッシング業界では2010年に貸金業法が改正され、年収の3分の1以上はお金を借りられないという総量規制が導入されたので、収入の少ない人や収入のない人は、対象となる消費者金融やクレジットカード会社から、融資を受けることは出来なくなりました。専業主婦も収入がないわけですから、当然その対象となります。ですから現在、専業主婦でも利用出来るキャッシングは、一部の消費者金融が行っている配偶者貸付と、一部の銀行のカードローンだけになりました。どちらも配偶者の収入が安定していて、尚且つ配偶者の承諾を得なければ、利用することは出来ないことになっています。

 

配偶者貸付とは、専業主婦の救済策としてもうけられた制度で、夫婦関係が証明でき、夫婦の年収を合算した金額の3分の1までは借入が出来ます。と言っても専業主婦は収入がありませんので、もし夫に年収が600万円あれば、200万円までは理屈の上では借入が出来ます。とは言っても、実際に200万円も借入をすると大変なことになりますから、あくまでも理屈の上ではということです。決して200万円借りることを推奨しているわけではありませんので、誤解のないようにお願いします。

 

配偶者貸付に申し込むには、妻の身分を証明する運転免許証や健康保険証等の書類・夫婦関係を証明する住民票や、戸籍抄本等の書類・夫の同意書・夫の収入証明書(所得証明書・最新の源泉徴収票・税務署の印のある確定申告書等)を用意する必要があります。通常のキャッシングの申込よりも必要書類が多く、当然その分手続には手間がかかるのですが、確実な収益は見込めないため、これを行っている業者は、非常に限られた一部の業者となっています。消費者金融ではレディースフタバやベルーナ・ノーティス、エレガンス等の会社のみが、信販会社ではセディナ等の会社だけが、この配偶者貸付を行っています。これらのどこにも加入していなければ、まず利用申込をしなければなりません。

 

一方銀行のカードローンは、銀行法に基づいて行われていますから、貸金業法による総量規制の適用を受けることはありませんので、審査に通りさえすれば本人の収入に関わらず、融資を受けることが可能です。しかし実際には、本人に安定した収入がなければ申し込めないカードローンが多く、主婦でもパート等をしていないと申し込めない所が多くなっています。その理由も配偶者貸付の話の中で御説明したように、収入のない専業主婦への融資はビジネスとしてはリスクが高く、確実な収益が見込めないと見なされているからだと思われます。配偶者に安定した収入があるとしても、返す当事者は妻の方であるからです。

 

とは言うものの、専業主婦にも融資をしてくれる銀行のカードローンは、それなりにあります。大手の有名な銀行ですと、三菱東京UFJ銀行カードローン・楽天銀行スーパーローン・イオン銀行カードローン・みずほ銀行カードローン・りそなクイックカードローン・ジャパンネット銀行ネットキャッシング・じぶん銀行カードローン・新生銀行カードローンレイク等があります。銀行ですから審査は若干厳しいですが金利が低いので、計画的に利用する限りに於いてはお勧めです。